滋賀におけるバイト事情

滋賀に住んでいる場合、もしくはこれから引っ越そうとしている場合は滋賀のバイト事情を知っておくと便利です。どの街にどのような仕事があるのか、そして何らかの特徴はあるのかを知ると色々なことが見えてきます。

接客系は各都市部に集中

滋賀県はその中央に大きな琵琶湖があるので、必然的に働く場所が限られてきます。滋賀でも当てはまることですが、接客系のバイトは都市部に集中する傾向にあります。コンビニ・デパート・レストランなどで働こうとする場合は都市部の賑やかな部分に行けば行くほど見つかりやすくなります。もちろん郊外でも仕事がないという訳ではありませんが、その数は決して多いとは言えません。
効率良く仕事を探す場合は北部ではなく南部が中心になります。北部は冬になると北陸から流れ込んでくる雪雲の影響で多くの降雪がありますし、山も多いので働き場所に恵まれていません。なので東の米原?西の大津にかけてのエリアに注目しながら仕事を探すことになります。

特殊な仕事はあるのか

滋賀では接客系や工場などのバイトが中心ではありますが、それ以外でも仕事はあります。まず地理的な特徴を生かしたものであれば、まず琵琶湖が挙げられます。琵琶湖には数多くの魚が生息しているので琵琶湖周辺には釣具店も多いですし、釣り竿レンタルなどのサービスもあります。また、ボートレースも行われているのでそれに関連したバイトの募集などがかけられる可能性があります。
そして、北部では豊富な降雪量を生かしてスキー場があるので冬季限定ではありますがスキー場でのバイトも可能です。スキーやスノーボードレンタルでも良いですし、スキー場での食事サービスなど仕事は幅広くあります。宿業であれば、温泉資源には恵まれていないので、温泉旅館よりもビジネスホテルを探すことになります。

何かと便利な滋賀の場所

滋賀は関西エリアではありますが、北に行けば北陸、東に行けば岐阜・東海と各エリアを結ぶ架け橋のような場所です。近年は通販の盛り上がりが止まることを知らないので、物流・倉庫の人材が不足傾向にあります。なので物流・倉庫関連のバイトを調べると求人数は多い可能性が高いです。更に県庁所在地の大津は京都市と目と鼻の先ですし、大阪にも電車で数十分という短時間でアクセスできます。絶対に滋賀でバイトしなければならないという個人的な理由があるのであれば別ですが、滋賀に住んでバイトは京都や大阪で選ぶというのも一つの手段ではあります。滋賀県は住む場所によって求人数の多少がかなり異なるので、それを踏まえておかないといけません。